理事長・院長 中野 達理事長・院長
中野 達
当院では医療の根本を原点に立ち返り考えてみました。
そうした中で再度確認できたのが「患者様主義」です。
待ち時間の短縮や丁寧な接遇はもちろんのこと、患者様個々に合った医療の提供に心がける中で現在最も力を入れているのは診々連携です。
来院する患者様は痛みの場所や痛みのレベルがそれぞれ異なります。その痛みに対して優れた専門性と国内トップレベルの技術を持つ医師を紹介・ 診察の後、外科的な治療(手術)または保存的な治療を通じて痛みへアプローチしていきます。
また、高齢者の方々への介護保険手続き相談や施設等の相談(関連協力機関あり)など様々な患者様への対応を診々連携を通じて取り組んでいます。
このようにそれぞれの患者様に合わせたそれぞれの医療を提供する事が「患者様主義」だと私たちは考え、日々多くの方々に接しています。
皆様が明日から元気で暮らせますように。
プロフィール
 昭和56年 北海道大学医学部卒業
 同年 北海道大学医学部整形外科教室入局
 昭和60年 中野整形外科勤務
 昭和60年9月 米ロチェスター大学整形外科リサーチフェローとして研修
 昭和61年4月 カナダトロント総合病院クリニカルフェローとして研修

 日本整形外科学会専門医
 日本整形外科学会認定脊椎・脊髄病医
 麻酔科標榜医
 ケアマネージャー
入船 秀仁 医師
<非常勤>
<所  属>
 札幌医科大学附属病院 高度救命救急センター 助教
<専  門>
 整形外科外傷、マイクロサージャリー
<出身大学>
 札幌医科大学
<資  格>
 日本整形外科学会専門医
鈴木 智之 医師
<協力医師>
<所  属>
 北海道社会事業協会帯広病院 整形外科
<専  門>
 スポーツ医学、膝・足の内視鏡手術
<出身大学>
 札幌医科大学
<資  格>
 日本整形外科学会専門医
 日本整形外科学会認定スポーツドクター
 日本体育協会公認スポーツドクター
 北海道サッカー協会スポーツ医科学委員
 全日本スキー連盟、医・トレーナー科学サポート委員